闇金融からは借りないようにする

借りすぎて闇金融に手を出さないようにしたいカードローン

借金の返済に困ったらまずは相談を

貸金業者を利用することの敷居が低くなったことやクレジットカードの利便性が飛躍的に向上したこと、銀行などでもカードローンを取り扱っていることなどから、借金をすることに抵抗がなくなり、無計画に利用することによって多重債務者となる方もいます。

 

 

多重債務者となれば、毎月の返済が次第に困難になり、毎月の給料がいきなり増額するわけではありませんから、返済のためにまた新たな借金をするというようになることも考えられます。このような状態をいわゆる自転車操業と言うのですが、こうなると借金を完済することは非常に難しくなります。

 

毎月の返済が苦しくなったのであれば、債務整理をしなければ元通りの生活にならないことも多くあります。債務整理の方法には、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産というものがありますが、債務者本人の借入金額の状況や収入の状況に合わせて、最適な方法を選択することが大切になります。

 

債務整理の手続きは個人でも行うことは可能ですが、法律の知識が必要となりますので、素人では時間と労力が必要になりますから、弁護士などの専門家に依頼をしたいものです。

 

借金の問題は精神的な負担が非常に大きくなりますから、健康的な日常生活を送ることもできなくなる人もいます。そのため返済に困った場合は、まずは相談をするということが最も大切なことです。
お金が返せない悩みは弁護士で解決

注意すべきヤミ金の定義について

ヤミ金はもちろん、自分から不当な金融であると明確に主張しているわけではありません。利用している人がその実体験を通して、これはヤミ金だと判断しているだけなので、表面から見た様子では普通の消費者金融と変わりがないのです。

 

ですから大手の消費者金融以外の、よく実態のわからない金融は皆ヤミ金だととることもできますし、逆に全て普通の中小消費者金融だと言うことも出来ます。

 

ではヤミ金の定義はどこにあるのかといえば、基本的には不当な金利設定を持っている金融というところにあるといえます。現在国の決まりで金利としてつけていい上限というものが決められているのですが、その規定を無視して高金利を設けている金融は、真っ当な会社ではないというわけです。

 

表面上いかにも怪しげな広告を出していたり、これは危ない消費者金融ではないかというところがあったとしても、金利設定が確認できない以上は限りなく黒に近いグレーの金融というだけです。利用しようとすれば簡単に道は開けますし、それを止めてくれるものは何もありません。

 

怪しげな金融からは、お金を借りないのが一番です。それが正しい商売をしている金融か金融でないかは別として、少しでもよくない雰囲気を感じるものには、極力近づかないようにするのが自分の身を守るコツですよ。
ヤミ金に払ったお金を取り戻す